カミソリと毛抜きという定番用具で正しくムダ毛処理するには

カミソリでのムダ毛の処理は、手軽でコストもあまりかからない等のメリットがありますが、注意点もあります。実際、カミソリでムダ毛を処理したら、後になって肌が赤くなってヒリヒリしたというカミソリ負けを経験した人もいるでしょう。

これは、毛を剃るときに、肌に刃が当たって傷をつけてしまうことが、大きな原因となっています。カミソリを使うと、目には見えていなくとも、肌には細かな傷がたくさんついてしまっているのです。

また、その傷口から細菌が入って炎症を起こすこともあります。毛包炎といって、肌に赤いブツブツができます。

このような肌への負担や炎症を避けるには、どうしたら良いのでしょうか。まず、カミソリを清潔に保つことが大切です。風呂場等の湿気の多い場所での保管は、細菌を繁殖させるのでやめましょう。

次に、シェービング剤を使うことです。シェービング剤は、刃を滑りやすくしたり肌に潤いを与えたりするので、使うことで肌への負担を小さくできます。最後に、アフターケアを行うことです。ほてりがあれば、肌を冷やします。その後に保湿します。保湿を心がければ、肌は健康に保ちやすくなります。

毛抜きでのムダ毛の処理は、ムダ毛に気づいたときにすぐに行え、コストもほぼかかりません。ピンポイントで行えるので、眉毛のように残しておきたい毛のある部分でも、失敗しません。このようにメリットがあるものですが、注意点もあります。

毛を抜くことは、毛を毛根から引きちぎることと同じです。なので、毛を抜けば、毛根や毛穴周りの皮膚を傷つけてしまうのです。実際、毛抜きではあまり起きないものの、脱毛テープなどで一気に脱毛すると、肌が赤くブツブツになってしまうことがあります。これは、毛穴の炎症によって起こります。

炎症の他には、埋没毛やシミを引き起こすことがあります。

以上のようなことがあるので、毛抜きでムダ毛の処理を行うときは、毛穴への負担をできるだけ軽くするよう、心がけましょう。具体的には、肌を温めてから毛抜きを使うと良いです。そうして毛抜きを使い終わった後は、肌を冷やします。少し面倒かもしれませんが、効果的です。

また、日頃からセラミドなどの保湿成分の入ったもので、スキンケアを行うようにします。水分の保たれた肌は刺激に強くなりますし、柔らかくなって、埋没毛の予防にも繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です