ムダ毛処理最大の敵は埋もれ毛|その怖さを知る

ムダ毛をカミソリや毛抜き、電気シェーバーなどで自己処理しているとさまざまな肌トラブルになってしまう可能性があります。例えばカミソリ負けであったり、毛嚢炎であったり、色素沈着だったり、黒ずみなどになりやすくなります。また、厄介な埋もれ毛も代表的な肌トラブルのひとつです。

この埋もれ毛、どのような状態になのかというと、ムダ毛が生えてきても皮膚の皮を突き破れずに皮の中に生えた状態のことです。見た目も悪く場所によってはかなり目立つのでとても厄介なのです。

どうしてムダ毛が皮膚の皮を突き破れなくなるのか、それはムダ毛を抜いたり剃ったりする事で皮膚が炎症を起こしてしまってかさぶたになり、ムダ毛がでてこられなくなるのです。さらにムダ毛にダメージを与えることになるので、ムダ毛にコシがなくなり肌から出ようにも出れないということになります。

この埋もれ毛ですが、無理に抜こうとすると肌トラブルを悪化させてしまう可能性がありとても厄介なのです。

自己処理による脱毛の中でも厄介な埋もれ毛、どのように対処するかによって肌トラブルが改善するか悪化するかの分かれ道になります。どうすれば改善するかですが、基本的に自己処理による脱毛を休止する事です。

脱毛を休止すれば、できてしまったかさぶたが改善して埋もれ毛が肌から出やすくなるからです。脱毛を続けていてはかさぶたが治らず、埋もれ毛以外の肌トラブルも招きます。だから可能なかぎり自己処理の脱毛はやめるべきです。

ただどうしても埋もれ毛が目立つところに生えてしまって困ったという人もいるかと思います。そんな場合はまず肌を蒸しタオルなどで蒸らしてやわらかくします。充分に蒸らしたら、ピンセットを消毒して優しく埋もれ毛を抜くようにします。

その後、しっかりと肌を乳液などで保湿するといった流れです。くれぐれもムダ毛を抜くときは力を入れすぎないことが大切です。ちなみに、自己処理の場合はこのような肌トラブルがつきものなので、肌トラブルになりたくなければ脱毛サロンなどに通うのがベターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です