見た目が老けて見えるやっかいな肌のたるみについて

見た目が年齢以上にふけて見えてしまうので何とか防止したい肌のたるみですが、顔のたるみの原因は肌の弾力の低下や表情筋などの衰えが原因しています。肌の真皮層には、コラーゲンやヒアルロン酸などの成分がありって肌の弾力は、これらの成分が保たれていることでなりたっています。

ですが、
・ 太陽からの直射日光による紫外線
・ ビタミン不足といった不健康な生活習慣
・ 肌のスキンケア不足による肌の乾燥
・ 加齢による細胞の衰え
・ 運動不測などによる表情筋力のなどによる衰え
・ 猫背などの姿勢の悪さ

といったことが原因して、コラーゲンやヒアルロン酸が減少してしまい、肌の弾力が低下したり、表情筋の筋力が低下して、次第に肌がたるんできてしまいます。

加齢に伴う肌のたるみは誰にでもおとづれるものですが、生活習慣や、姿勢、直射日光による影響といった原因は、対策を練ることによって防ぐことが可能といえます。

肌のたるみの原因は、様々な要因が絡み合って引き起こされているのでその対策を取ろうとすれば様々な方法を組み合わせることが有効ともいえます。

たるみ対策の方法としては、

●帽子やサンバイザーなどのアイテムを使用して紫外線対策をしっかりと行う
●偏った食生活を見直して、ビタミンCなどをたくさん摂取してバランスの良い食事を摂る
●夜更かしをせずに、しっかりと安眠を心がける
●乳液などをしようして、肌をしっかりと保湿してあげる
●顔の表情筋、深層筋を動かして見たり、マッサージをして鍛える
●猫背などの体の悪い姿勢を見直して、正しい姿勢を保つ
●フェイスマッサージや頭皮のマッサージなどをお風呂に入った時などに行う

といったセルフケアをすることで、たるみに一定の効果を与えることが出来ます。

食生活で、肌に良い成分をたくさん吸収するとともに、運動させなければ肌の筋力が弱ってくるのでしっかりと動かしてあげることが大切といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です