男が脱毛しててもなんの違和感もない時代

くたびれた男たち

え、脱毛なんて女がやるもんだろ?

そう思っている男性の方は、もしかしたら時代に取り残されているかもしれません。

いまは脱毛は性別を問わないものといって過言ではないからです。事実、男性専用の脱毛サロンやクリニック(脱毛ラボやゴリラクリニック)などが普通に繁盛しているから。

その昔はギャランドゥなんて言葉も流行したように、服の隙間から見える体毛は男らしさの象徴、的な面もありました。

ところが時代は移り変わり、日本は世界でも例を見ない「中性的な男」がもてはやされる時代です。

芸能人で言えばジャニーズ系。ちょっとメイクとファッションを変えればそのままかわいい女の子にもなれそうな男の子たちがたくさんいますよね。

とはいえ、最近はエグザイル系、ジェイソウルブラザーズなどもすごい人気だから若干揺り戻しがあるのかもしれないですが。。

とはいえ、男臭さを履き違えると顰蹙を買ってしまいます。つまり汚らしさを感じるような剛毛は嫌われる対象になりやすい、ということですね。

先述のエグザイル系にしたって、ファッションやヘアスタイルは男らしさを強調してますが、腕や足、胸などにムダ毛はないですよね。

■実際ムダ毛はジョリジョリと不快な肌触り

男性自身はなかなかわからないかもですが、男の太いムダ毛は肌に触れるとすごい違和感があるんです。

特に女性は肌がデリケートな方も多く、男性のムダ毛に接触することで肌トラブルを起こす可能性もあります。ムダ毛は雑菌も付着しやすいのでなおさらです。

女性とムフフな時間を過ごしている時に、ムダ毛がチクチクして嫌!とダメ出しされた経験はありませんか?

ベッドの上やお風呂などで、男性の剛毛はたびたび女性を不快にしがちです。

本人はなかなかわかりずらいものなんですが。。つまり見た目だけでなく触った感覚でも不快感を与えてしまう厄介なものなんです。

もともと体毛ははるか古代、人類がマンモスと戦っていたような時代に、外敵から身体を保護する意味がありました。

ですが現在に裸で街を歩く人はいないですし(ストーリーキング以外)、毛本来の目的など正直どうでもよくなっています。

髪の毛がなくなったら困りますが、その他の体毛はほとんど存在の意義がありません。

■なるべく肌を傷つけずに処理を

男性の場合、女性より角質層が分厚いですし、それだけ肌は丈夫といっていいです。

ですので、女性のように自己処理は超危険、というわけでもありません。

まさかむき出しの刃のカミソリでガシガシやる、みたいな極端なことをしないかぎり、気になる部分のムダ毛は自分で処理するのもありです。

なんといっても自分でやったら低コスト、カミソリ代くらいで毛をなくすことも可能です。

ただ部位によりますが、たとえばひげなどはきっちりクリニックで永久脱毛するのがおすすめ。

すね毛など範囲の広い部分は、剃刀や毛抜きだと効率が悪いので、専用の除毛クリームで処理するのが手っ取り早くていいです。

部位や毛深さ、毛質にもよりますが、無駄毛処理をするなら事前にしっかり勉強してからやるのが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です